評価通りにはいかない

家借地権を売却するときに地主の承諾が必要になりますがその際によく業者などが提案する内容に承諾料のようなものが提示されます。ただ借地権の売却を承諾するかどうかは地主に一任されているので地主の自由になります。したがって地主の任意で承諾をするので承諾料がなくても法律上問題はありません。

反対に地主はいくら高額の承諾料を提示されたからといって承諾しなければならないという義務はありません。重要なのは地主が納得して承諾してもらえるような関係性が大切だというのです。お互いが良い関係で承諾をしてもらう意味で承諾料が支払われるということはあってしかるべきです。

また借地権を売却する場合借地権に評価の方法がありその基準は売却先や土地所有者の承諾状況によって売却価格が異なってきます。基本の割合は更地状態で借地権が60%、底地が40%なので借地権は単純に更地評価の60%になるということではありません。具体的に異なる状況は土地所有者に売却する場合、第三者に借地権と底地を同時に売却する場合、土地所湯者の承諾を得て第三者に売却する場合、土地所有者に承諾を得られずに売却する場合とそれぞれ価格が異なってきます。最終的には所有者である地主の協力と理解がなければ借地権の売却は困難になっていきますので借地権者と地主の関係は非常に重要になります。