売却が難しい場合

借地権があっても本来その土地の所有者は地主です。したがって借地権の売却などをする場合に地主の承諾を得るという考えは至って当たり前の話です。優良な業者はそのあたりを踏まえているので土地の所有者である地主の思いを最優先で考えます。もちろん借地権者の立場も理解した上です。ただしいくら借地権を売却することができるといっても状況によっては売却できないものもあります。例えば再建築不可や築古物件という悪条件が重なり合っている場合です。

再建築不可とは接している道路の幅員が4mないまたは物件の敷地と道路が2m接していないに該当する場合です。この場合は買い手がつかないことが多く取扱っている業者は多くありません。取扱っている業者は少ないのですが再建築不可の土地を買取ってくれる業者もありますので対応してくれる業者に売却した方がいい場合があります。その場合隣地した土地の所有者の協力を得ることで活用が可能にあることもあるので、近隣住民とのトラブルは普段からできるだけない方が再建築不可の土地を整理しやすくなります

握手借地権は土地に建物があることで権利が生まれますので更地にしてしまうと売却どころか無償での引き取りすら断られることもあります。近隣らの苦情や建物の管理の大変さから更地にして売った方がいいと思いがちですがその場合は更地にする前に売却することをお勧めします。このような再建築不可の物件にも対応してもらって建築可にするためにも役所調書や近隣調査、その他証書や交渉などが必要な業務を優良な業者は対応してもえます。借地権を売却するにおいて最終的に大事なことは地主を含めた様々な人との信頼関係があることで売却もスムーズに進めることができるようになります。