借地非訟は諸刃の剣

悩む人借地権の売却を業者にサポートを得て行う場合中には借地権に詳しくない悪質な業者もいるということも理科しておく必要があります。借地権の売却に地主からの承諾が得られない場合裁判所に譲渡の許可を求める借地非訟手続きを取ることができます。借地権に詳しくない業者などは安易に地主が承諾をしてくれない場合にこの借地非訟手続きを裁判所に出して強引に許可を得ようとします

この借地非訟手続きは諸刃の権であり裁判所から許可をとってまで借地権の売却の承諾を得ることで地主との関係が険悪、泥沼化することになります。また提訴をしてすぐに解決することはなく許可が出るまでには1年前後の時間がかかりその分費用も余計にかかることになります。さらに許可が出たところで全てが解決してスムーズに売却が進むかというとそう簡単ではありません。借地権非訟という強硬手段が次の借地権者にマイナスのイメージを与えることにもあります。

借地権に詳しくない業者だと査定価格に対して借地評価が60%だからといって単純に60%で価格を提示して実際に交渉が進んでいくと価格が相当少なくなっていくということもあり、借地権者と地主の仲が悪くなってトラブルの要因になっていることも少なくありません。最終的には売却することだけを目的として次の借地権者への対応やその後の地主への対応をいい加減にしてしまうようなケースも少なくありません。