借地権売却について

土地の所有者である地主から土地を借りて自己所有の建物を建てることで借地権を得ることができます。借地契約を結ぶと借地契約の期間は何もできないと思っている人も多くいます。しかし期間が満了していなくても借地権を売却することも可能になっています。借地権を売却する際に不動産や法律の知識がないと相手のいいなりになって上手く丸め込まれたりすることもあります。また借地権者と地主では地主の方に知識があることが多く更新のタイミングで様々に理由を付けて法外に地代を値上げしたり、地主に売却しても安く叩かれて結局大損をするということもあります。更新時に地主から底地の購入を勧められることもあります。

お任せください借地権は借地期間が満了になって更新しなければ地主に建物を解体して更地の状態で返還しなければなりません。この場合は売却ができませんので注意が必要です。地主が借地更新を拒否した場合に限っては借地権者は借地権買取請求をすることができます。また地主以外でも第三者に借地権を売却することも可能です。

ただし最も大事なことは借地権を地主であっても第三者であっても売却する場合は必ず地主に承諾を得る必要があります。また建物を建て替る時も同様で地主の承諾が必要になることを理解しておかなければなりません。もし借地権者が地主の承諾なしで借地権を売却したり譲渡すると無断譲渡を理由として賃貸借契約を解除される可能性もあります。ただし、賃貸借契約は信頼関係を基礎に結ばれている契約であるためよほどのことがない限り契約を解除するということはありません。

これらのに関しては、借地権売却相談ができる「ピタットハウス」のような借地権や底地の売却を専門に取扱っている専門業者のサポートを得ることでスムーズに進めることが可能となるでしょう。